atelier-ae’s diary

手芸好きの気ままなブログです

手芸好きのブログ スタイ編2

私の製作方法は突然変更します。

スタイ編1の時は一種類の布で

考えていましたが

お店に可愛いドットの生地があったので

2つの生地で作ることにしました。

 

前回同様、ドットの生地も

水通し(水洗いか洗濯)をしました。

完全に乾く前にアイロンを当てておくのが

いいのですが

今回は省いてしまいました(すいません)

 

今回は3セット作製しました。

スタンダード①   表(水玉+パンダ柄) 裏(パンダ柄)

スタンダード②   表(水玉+パンダ柄) 裏(水玉)

スカーフ  (パンダ柄)

 

まとめて作製したので

写真がバラバラです。

 

☆生地を切る(簡単な方法)

生地の向きを考えて型紙を置く

文鎮などを置いて

生地をロータリーカッターで切る

縫い代が全部同じ場合は

私は印もつけません。

その代わり型紙どおりきれいに切ります。

f:id:atelier-ae:20170221134608j:image

写真のロータリーカッターは

小さめを使っていますが

普段は手芸屋さんに売っている

大きなものを使っています。

f:id:atelier-ae:20170221151405j:image

 スタンダード①②を切り終わったところ

 

☆生地を縫い合わせる

スタンダード①②共

表は2枚の生地を上下縫い合わせる

今回は縫い代が7mmでずれないように

クリップで止めて縫います。

 f:id:atelier-ae:20170221151251j:image

 写真はスタンダード①の表

上下を縫い合わせたところ

 f:id:atelier-ae:20170221151143j:image

丁寧に作る時は

上下を縫い合わせた部分を

割ってアイロンをかけておきます

(すいません、私は手でプレスしました)

 

 

f:id:atelier-ae:20170221134713j:image

スタンダード①の表と裏を縫い合わせる

生地を中表に合わせて

クリップで止めておきます。

カーブがきついところは

クリップは細かめに

(クリップが苦手な人は仮止め糊を!)

 

f:id:atelier-ae:20170221134719j:image

裏返す部分(口、手縫い)が必要です。

今回の型紙・作り方には首側に

裏返す部分の指示がありましたが

擦れたりしてやぶけるかもしれないので

裏返す(口、手縫い)部分は外側にしました。

 

f:id:atelier-ae:20170221134748j:image

スカーフタイプも同じように

縫い合わせます 。

 

☆裏返し口を縫う

生地をひっくり返し返して

口を縫います。

手縫いでコの字縫い

(すいません、調べてください)

面倒な方はミシンで縫ってください。

 

☆止め金具の取り付け

今回は工具でスナップボタンを付けました。

工具がなくてもつけれるスナップボタンも

売ってるようです

http://store.shopping.yahoo.co.jp/tsukurutanosimi/f12-401-408.html?sc_e=slga_pla

便利ですね。

先に見つければよかった。。。

 

マジックテープでもいいようですが、

ソフトタイプのものをお勧めします。

http://product.rakuten.co.jp/product/-/0dc45a24a7abebfde4fbba9d02e20b88/?sc2id=gmc_101870_0dc45a24a7abebfde4fbba9d02e20b88&scid=s_kwa_pla

 

f:id:atelier-ae:20170221134508j:image

左 スタンダード①

右 スタンダード②

 

f:id:atelier-ae:20170221134445j:image

左 スタンダード①
右 スタンダード②

 

f:id:atelier-ae:20170221150621j:image

スカーフタイプ

 

スタイは結構、使うらしく

何個あってもいいとか

ですので、まとめて作りました。

アイロンかけずじまい。。。

プレゼントの前にかけます。